2009年2月24日火曜日

気付き、そしてはじまり

現在の進捗 42%くらい




------------------------------------------
@会議室
真、千早、伊織、亜美、真美、律子、美希
------------------------------------------

真「みんな、集まった? ちょっと聞いてほしいんだ」
伊織「何よ真、いきなり会議室に集めたりして」
亜美「そーだそーだ。ミキミキなんかすっごい眠ってんじゃんよ」
美希「ZZZZZzzzz」
律子「それはいつものことでしょ。で、どうしたの真?」
真「うん。実はボク、先週くらいからプロデューサーの態度がおかしいと思うんだ。みんなはどう?」
千早「おかしい……と言うのは、どういうことなの?」
真「うまくは言えないんだけど……そう、なんだかボクらに対する態度が変わったような気がするんだ」
亜美「あー、そーいえばそーだねー。これまではずーっと真美にべったしだったけど、こないだの休みは変にさめてたよねー」
真美「んむ、そー言われればそーかも。どーりでなんか妙に肌寂しいと思ったよー」
律子(……真美、なんだかんだ言って嫌じゃないのね)
千早「それは、仕事があったからじゃないかしら。それに、お仕事はいつも通りきちんとこなしているみたいだけど」
伊織「そりゃあ、一応は私たちのプロデューサーなんですもの。仕事くらいはきちんとやってもらわないと困るわよ」
真「でも昨日、急に休みをくださいって言って、今日は休んでるよね。こんなこと滅多にないのに」
亜美「それって、週末に働いてたからその代わりってことじゃないの?」
真「うん……そうかもしれないけど、でも何か引っかかるんだ」
律子「そう言えば伊織、今日は仕事じゃなかったの? 春香とのデュオで」
伊織「え? ああ、それなら、取材の予定だった記者が入院したとかで、急にオフになったわ」
千早「あら、それじゃ春香は? いつもだったら、オフの日でも大体顔を出すじゃない」
伊織「知らないわよ、私に春香のことを聞かれたって」
亜美「あれ? んじゃさ、いおりんはどーして事務所にいんの? オフなんしょ?」
伊織「ま、まぁそうだけど、たまにはヒマそうなアンタたちの顔を見てみるのも悪くないかなーtt」
亜美「なーんだ、いおりんもヒマヒマ星人なんじゃん」
伊織「こ、こらー! 人が喋ってr」
千早「真美はどう? 何か聞いてないの?」
真美「んーん、何にも」
律子「真美が聞いてくらいだから、誰も知らないのも仕方ないわね」
真美「んでも、兄ちゃんだってたまにはそーゆーこともあるっしょ? なんてったっけ、せんちめーとる?」
亜美「真美、それを言うなられぞんでーとるっしょ?」
律子「えーっと、たぶんセンチメンタルって言いたいのね。ってことは真美、プロデューサーに何かしたの?」
真美「ええっ!? 真美、なんにもしてないよ?」
真「冷たくしたりとか、ひどいことを言ったりとかしてない?」
真美「んー、多分してないと思う」
亜美「まこちん、何言ってんのさー。兄ちゃんに真美が、んなことするわけないぢゃん」
千早「でも、人の心を他人が理解するのは難しいわ。知らないうちにプロデューサーを傷つけているってことも……」
伊織「まさかぁ。あのドMなバカデューサーが、真美に冷たくされたくらいで傷つくわけないでしょ」
真美「いおりん、真美冷たくなんてしてないよ? だって真美も、兄ちゃんのこと大好きだもん」
伊織「はいはい、分かってるわよ。あーもう、この部屋暖房利き過ぎじゃないの? 暑いったらないわ」
亜美「あれ、そっかな? 亜美はちょうどいいけど」
律子「亜美、伊織はそういう意味で言ってないから」
亜美「??」
真「それにしても、今回のプロデューサーの変わりようには、何か理由があると思うんだ。みんな、何か心当たりがないか、調べるのに協力してくれないかな」
伊織「別にいいけど。……でもせっかくの休みをあんなロリデューサーのために使うってのも、ちょっと勿体ないかしら」
亜美「おおっ、早速いおりんのツンデコが炸裂しまくってるねー」
伊織「亜美、それ以上言うとお仕置きするからね」
亜美「ぶーぶー。じょーだんじゃんかー」
千早「でも、あんまりプロデューサーのプライベートに口を挟むのは……」
律子「そうは言うけど、これが原因で仕事に身が入らなくなっても困るし、私は協力してもいいわよ」
千早「……律子さんがそう言うんでしたら、私も」
真「亜美と真美は?」
亜美「おもしろそーだから、亜美はいいよん」
真美「真美もー。……それに真美、最近なんだか兄ちゃんが傍にいないと安心できないかも」
千早「……」
伊織「あー、暑いあつい」
律子「まぁ、確かにこの部屋、暖房がちょっと強いかもね」
真美「……?」
真「よし、それじゃみんな、力を合わせて原因を探ろうよ」
亜美「おー!」
伊織「まぁ、この才気溢れる伊織ちゃんにかかれば、こんなにちょちょいのちょいなんだから」
美希「ZZZZZzzzzzz」
律子「このあふぅは……美希、そろそろ起きなさい」
美希「……んー? もう、ご飯なの?
真「……不安だ」



続く

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

SPではるるんに浮気中なんですね、わかりますw この様子はいつかノベマスに・・・ならないですか。

りゅうのすけ さんのコメント...

匿名さんいらっヴァイ!ませ。

不肖わたくし、次回作うpまではSPは封印中でございますことよ。それに、はるるんは昔も今も トテモ スバラシイカタデスヨ?

会話だけでどこまで状況を発展できるかの試験中でもありますので、ノベマスにできるかどうかは疑問ですね。面白くなれば動画にしてもいいんじゃないかと思いますよ。